葬儀コラム
※本コラムの内容に関して宗教や地域文化・風習によって内容が異なることがございます。

妻を亡くした友人のために何ができるでしょうか?

2018.02.16

 “奥さんを亡くした友人のためになにかしたいと思っているのですが、なにをしたらいいでしょうか。お葬式のお手伝いを申し出るのは家族でないので厚かましいでしょうか。”ということなんですね。

ご友人のお気持ちを考え、何かしてあげたいと思われてのご質問だと思います。
気にされていらっしゃる、「お葬式の手伝いを申し出る」ということは、まったく厚かましいことではありません。
たとえば、受付の人手が足りないなどで困っている場合は、とても助かるお申し出だと思います。
 
しかし、こういった場合は、ご遺族のお考えを尊重するということを第一に考えながら接してあげてください。 
 
そっとしておいて欲しいと思う方もいれば、一緒にいて欲しいと思う方もいらっしゃいますので、押し付けたりはせず、率直に、「何か手伝えることはないか」とお聞きして、それにご友人がどう答えるかで判断するのがいちばんです。
 
配偶者との死別は、数あるストレスの中でも、最もストレス度数が大きいことと言われています。
そのまっただ中にいらっしゃるご友人に、何をしてあげられるか?
私は、これまでとは変わらずに接し続けることだと思います。  
 
集まりがあればお誘いし、このとき無理に連れ出すのではなく、ご友人が悲しみから立ち直る課程を理解して、気にかけ続けることだと思います。

 いち早く立ち直って欲しいという気持ちからの励ましで、
「早く元気を出さないと」
とか
「いつまでも悲しんでいたら奥さんだって成仏できない」
という言葉をかけたくなってしまうことがあっても、こうした言葉は、思いがけず遺族を傷つけてしまうことがありますので、くれぐれも気をつけてください。
 
悲しみから立ち直るペースは人それぞれです。
ご友人が奥様を亡くされた悲しみを消化できるまで、焦らせることなく、寄り添ってさしあげてほしいと思います。

提携店舗のご紹介

  • 供花のご注文

    海洋散骨 蒼き海への回路

    互助会トラブル解決できます

    スタッフブログ

    facebook

プランについて

明瞭会計をモットーにした、ご葬儀プランを多数ご用意しております。
祭壇まわりはもちろん、お棺に入れていただくお花なども、すべて新鮮な生花をご準備・使用しております。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-04-7766

通話無料。24時間365日受付
経験豊富なスタッフが待機中です。

お問い合わせ・
資料請求
をご希望の方

お問い合わせ

会員登録
こちらから

会員登録